米景気後退リスク低い=リッチモンド連銀総裁

Posted under ニュース速報 On

[リッチモンド 8日 ロイター] – バーキン米リッチモンド地区連銀総裁は8日、記録的な低失業率や適度な金利を踏まえ、外部要因による衝撃を受けない限り景気後退(リセッション)に陥るリスクは低いとの認識を示した。総裁は「失業率や金利がこれほど低い時に景気後退に陥ることは困難だ」と指摘。外部要因が予想外の問題を引き起こす可能性はあるものの「経済は非常に好調な軌道に乗っていると引き続き予想する」と述べた。

Newsweek ニュース速報