米、対中関税上げ通告 トランプ大統領「関税維持に異論なし」

Posted under ニュース速報 On

[ワシントン 8日 ロイター] – トランプ米大統領は8日、中国製品に対する関税を維持することに異論はないと語った。米政府はこの日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日付で現在の10%から25%に引き上げると通告。連邦官報によると、米通商代表部(USTR)が特定の製品に対する除外措置の適用申請を受け付ける。トランプ大統領はツイッターへの投稿で、中国が貿易交渉で後ろ向きな姿勢を示している理由は「ジョー・バイデン氏ら『弱腰な民主党』と交渉するという切実な願いからだ」と主張。「だが、そのようなことにはならない!中国から劉鶴副首相らが貿易合意に向け訪米すると連絡があった。だが、米国の国庫を満たすための年間1000億ドル超の関税を維持することに異論はない」と述べた。大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から現在の10%から25%に引き上げる方針を表明していた。

Newsweek ニュース速報