米、対中変革要求譲らず 関税撤廃は履行制度に組み込む=副大統領

[ワシントン 3日 ロイター] – 米国のペンス副大統領は3日、中国の貿易慣行を巡る構造変革要求をトランプ大統領は堅持するとし、中国産品の米関税撤廃は合意履行に向けた仕組みに組み込む考えを示した。ペンス氏はCNBCのインタビューで、ワシントンで来週開く協議で中国側と通商合意に達することにトランプ氏が「大きな希望を持ち続けている」と指摘した。「技術移転の強制や知的財産侵害は現実のものだ。中国との関係で貿易不均衡や構造問題の変革が必要と大統領は明確に示しており、引き続き断固とした姿勢で臨む」と述べた。トランプ政権は、中国に改革や米国産品の購入拡大方針を確実に履行させる仕組みづくりを提唱している。ペンス氏は「関税をやめる方法は、履行メカニズムに含まれることになり、交渉対象となる」と説明した。また、カドロー国家経済会議(NEC)委員長は記者団に、米国が交渉で対中要求姿勢を軟化させていないという認識を示した。

Newsweek ニュース速報



世界には、日本の人口をはるかに上回る数の人たちが暮らしています。さらに、ジャパンメイドは、世界から信頼されています。

この日本の人口をはるかに上回る世界人口を全て、あなたのお店の顧客に出来たのならば、想像しただけでも遥かに巨大な売上増を実現できると思いませんか。

その売上高といったら、いままで毎月末になる度に、今月も売上げが少ないな、あそこへの支払いどうしようかと悩んでいたことがバカらしく見えてきてしまいそうな勢いですね。

海外輸出販売を始めるのに、もう海外輸出販売向けホームページ(ネットショップ)の制作はご依頼されましたか。

ご依頼された海外輸出販売向けホームページが完成するまでの間に、海外の顧客から商品の注文があった時のために、海外へ輸出する方法を学び、覚えておきましょう。

海外へ輸出する方法は、こちらの「海外輸出販売の始め方」にて学ぶことができます。

>> 今すぐ海外輸出販売の方法をみる

輸出販売向けホームページを始めよう

海外に輸出する方法は、もうわかりましたか。

今の段階では、まだ完璧に海外に輸出する方法をマスターしておく必要などありません。「海外輸出販売の始め方」をご覧になって、なんとなく簡単に輸出の流れ的なことが頭の中に入っていれば、それで十分です。

あとは実践あるのみです。

そろそろ依頼されていた英語の海外輸出販売向けホームページ(ネットショップ)も完成している頃ではないでしょうか。

>> 今すぐ英語の海外輸出販売向けのホームページの詳細をみて申込む

完成した海外輸出販売向けホームページ(ネットショップ)を使って、海外の顧客とコンタクトを取って、具体的に海外から受注しましょう。

受注したら、いよいよ輸出の実践です。

初めは、「海外輸出販売の始め方」とにらめっこしながら輸出されることでしょうが、2回、3回と輸出を繰り返していけば、マニュアルなど見なくても輸出できるようになってしまうことでしょう。

>> 今すぐ英語の海外輸出販売向けのホームページの詳細をみて申込む

では実践を始めましょうか。

車売る女・ミンチーTwitter
https://twitter.com/minchy_trading

海外輸出販売を始めるには、まずは、海外輸出販売向けのホームページ(ネットショップ)が必要です。

この海外輸出販売向けホームページの訪問者(顧客)は、海外の顧客になります。海外の顧客が利用するのですから、ホームページは英語で制作されていなければなりません。

ホームページ制作会社は、たくさん存在していますが、英語のホームページを制作する制作会社は、なかなかありません。軽井沢タイムズの編集部、WEB制作部門スタッフでは、英語で海外輸出販売向けのホームページ(ネットショップ)を制作、提供しています。

>> 今すぐ英語の海外輸出販売向けのホームページの詳細をみて申込む

軽井沢タイムズからのお知らせ

軽井沢タイムズは、読進社の発行する新聞であり、広義の全国紙の一つ。主に貿易、輸出入とくに自動車・中古車輸出に関する記事に強い新聞。軽井沢タイムズが提供する貿易、経済、国際、企業はもちろん、ほかにも政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。略称は軽タイ、または軽井沢タイムズ。

軽井沢タイムズ編集部

軽井沢タイムズ 電子版の公式サイトです。
貿易、輸出入、自動車・中古車貿易に強い軽井沢タイムズが貿易ニュースや解説、コラムなど、お薦めのコンテンツを発信しています。
貿易、輸出入とくに自動車・中古車輸出につよい軽井沢タイムズが提供する貿易、経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
軽井沢タイムズ編集部

軽井沢タイムズTwitter

軽井沢タイムズ 電子版
@karuizawatimes