第1四半期のフィリピンGDP、前年比+5.6%に鈍化 予想下回る

Posted under ニュース速報 On

[マニラ 9日 ロイター] – フィリピン統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比5.6%増だった。昨年第4・四半期の6.3%増から減速した。ロイターがまとめた市場予想は6.1%増だった。政府は3月、2019年のGDP予測を7─8%増から6─7%増に下方修正した。輸出や農業生産の低迷のほか、国家予算の承認の遅れが、成長の重しになるとしている。

Newsweek ニュース速報