焦点:対米貿易摩擦が直撃、中国メーカー「苦肉」の生き残り策

John Ruwitch[広州(中国) 22日 ロイター] – 貿易障壁に直面する中国メーカーは、海外顧客を維持しようと、値引きの提示や免税措置の活用、人材削減など、さまざまな作戦を展開しつつある。中には、関税を回避するため生産拠点を海外に移転する例も見受けられる。米中貿易戦争による報復関税の応酬は、多くの企業にコスト増をもたらした。欧州連合(EU)が、電動バイクから太陽光パネルに至る中国製品に関税を課したことも中国製造業の悩みを深めている。3月に入り、業界にとって明るいニュースが相次いだ。鉱工業生産は2014年半ば以降、最も高い伸びを示し、輸出が予想以上に回復したほか、第1・四半期の経済成長率も予想を上回った。それでも、米国向け輸出に依存する一部企業とっては苦境が続く。中国南部で今月開催された貿易展示会「広州交易会」では強気姿勢を示した企業も、貿易を巡り米中政府が合意に達しなければ、さらなる生き残り策を講じる必要が出てくることを懸念している。泊頭にあるBotou Golden Integrity Roll Forming Machineの営業担当者ホープ・ハ氏によれば、関税導入により軽量鋼桁や建躯体用の棒鋼を製造する同社製の機械価格が上昇し、米国顧客の一部を失ったという。同社は現在、売上促進のために8%の値引きを提示している。「顧客が高い輸入関税を払う羽目になったので、こちらが値引きを提示しなければならない」とハ氏は言う。ボールベアリングを製造するCixi Fushi Machineryのジェーン・ワン代表によれば、同社は長期契約の顧客に対して3─5%の値引きを提示したという。だが、それでも十分ではなく、同社は月間3万ドルの売上を稼いでいた生産ラインを一時停止したと同氏は話している。「(米中)合意を待つことになるだろうし、そうすればまた再開するだろう」と彼女は言う。現時点では、主力市場である中東地域に注力している。コスト上昇分の価格転嫁に成功した企業もある。<価格上昇は不可避>米カリフォルニアに拠点を置くACOパワーの創業者ジェフリー・タン氏によれば、同社は中国製の太陽光発電冷蔵庫の一部について、約10─15%の値上げに踏み切ったという。「選択の余地はなかった」とタン氏は言う。「値上げせざるを得ない」中国外では同社が扱うポータブル冷蔵庫を低コストで生産できないとタン氏は言う。だが、貿易に関して米中が何の合意も打ち出せず、関税率が上昇するならば、この構図も変化する可能性がある。「部品をすべてベトナムに運んで、そこで組み立てることになるのではないか」Aufine Tyreは昨年、カリフォルニア州の倉庫を借り、製品を搬入した。後に実際に導入されることになった反ダンピング関税を予期した動きである。また同社は、やはり関税を回避する手段として、タイ国内のタイヤ製造プラントの操業をまもなく開始する予定だ。同社の営業担当マネジャーを務めるジェーン・リュウ氏は、それぞれ220─240本のタイヤを収めたコンテナを月50個、タイから出荷し、その後はさらに量を拡大する計画だと語った。広州交易会の出展企業のなかには、中国政府が4月初めに国内の付加価値税を16%から13%に引き下げたことや、輸出に関する税の還付を公約したことを歓迎する声があった。「こうした措置はわれわれをある程度、守ってくれる。さもなければ損失が出ていた」と語るのは、LED照明を製造する深センの寧波宇興電子で営業を担当するウィリス・ユアン氏だ。米国の関税対象製品には含まれない監視カメラを製造している深センのSmarteye Digital Electronicsは、税制優遇措置のおかげで価格引き下げが可能になった、と営業担当マネジャーのシンプル・ユー氏は語る。「大きくコスト削減できたから、低価格で販売できる」<為替レート懸念>だが、同社にも懸念すべき点はある。家賃や人件費の上昇によって、従業員数を削減を余儀なくされたのだ。ユー氏は、貿易紛争が人民元の対ドル相場に与える潜在的な影響も心配だと指摘。「以前は1ドル6.9元だったのが、今では1ドル6.7元だ。6.5元まで上がるのではないかと心配している」EUが1月、中国製電動バイクに18.8─79.3%の反ダンピング関税を課したことに対して、電動バイク製造各社はすばやく反応した。EU域内でバイク組立を一部開始した企業は多い。Zhejiang Enze Vehicleは、ポーランドとフィンランドで組立を開始した。「バッテリー、フレームその他の部品を調達し、別々に梱包して欧州に送り、提携先企業に組み立てさせている」と同社営業部門代表のディラン・ディー氏は言う。プラスチック製分度器や映画館向けのポップコーンカップなどを製造するAnhui Light Industries Internationalは、トランプ米大統領による米輸入関税引き上げによって、10億元(約166億円)以上の損失を出したという。それでも、同社を率いるハン・ゲン氏は、貿易紛争は解消されるだろうと楽観的だ。「米国にとっても、中国にとっても良いことはない」とハン氏は語り、トランプ大統領も貿易紛争が企業を傷つけていることを知り、「紛争を終らせるだろう」という見解を示した。「(その日が来たら)また米国向けに販売できる。われわれは稼がなければいけない。稼ぐのが嫌いな人はいない」(翻訳:エァクレーレン)

Newsweek ニュース速報



世界には、日本の人口をはるかに上回る数の人たちが暮らしています。さらに、ジャパンメイドは、世界から信頼されています。

この日本の人口をはるかに上回る世界人口を全て、あなたのお店の顧客に出来たのならば、想像しただけでも遥かに巨大な売上増を実現できると思いませんか。

その売上高といったら、いままで毎月末になる度に、今月も売上げが少ないな、あそこへの支払いどうしようかと悩んでいたことがバカらしく見えてきてしまいそうな勢いですね。

海外輸出販売を始めるのに、もう海外輸出販売向けホームページ(ネットショップ)の制作はご依頼されましたか。

ご依頼された海外輸出販売向けホームページが完成するまでの間に、海外の顧客から商品の注文があった時のために、海外へ輸出する方法を学び、覚えておきましょう。

海外へ輸出する方法は、こちらの「海外輸出販売の始め方」にて学ぶことができます。

>> 今すぐ海外輸出販売の方法をみる

輸出販売向けホームページを始めよう

海外に輸出する方法は、もうわかりましたか。

今の段階では、まだ完璧に海外に輸出する方法をマスターしておく必要などありません。「海外輸出販売の始め方」をご覧になって、なんとなく簡単に輸出の流れ的なことが頭の中に入っていれば、それで十分です。

あとは実践あるのみです。

そろそろ依頼されていた英語の海外輸出販売向けホームページ(ネットショップ)も完成している頃ではないでしょうか。

>> 今すぐ英語の海外輸出販売向けのホームページの詳細をみて申込む

完成した海外輸出販売向けホームページ(ネットショップ)を使って、海外の顧客とコンタクトを取って、具体的に海外から受注しましょう。

受注したら、いよいよ輸出の実践です。

初めは、「海外輸出販売の始め方」とにらめっこしながら輸出されることでしょうが、2回、3回と輸出を繰り返していけば、マニュアルなど見なくても輸出できるようになってしまうことでしょう。

>> 今すぐ英語の海外輸出販売向けのホームページの詳細をみて申込む

では実践を始めましょうか。

車売る女・ミンチーTwitter
https://twitter.com/minchy_trading

海外輸出販売を始めるには、まずは、海外輸出販売向けのホームページ(ネットショップ)が必要です。

この海外輸出販売向けホームページの訪問者(顧客)は、海外の顧客になります。海外の顧客が利用するのですから、ホームページは英語で制作されていなければなりません。

ホームページ制作会社は、たくさん存在していますが、英語のホームページを制作する制作会社は、なかなかありません。軽井沢タイムズの編集部、WEB制作部門スタッフでは、英語で海外輸出販売向けのホームページ(ネットショップ)を制作、提供しています。

>> 今すぐ英語の海外輸出販売向けのホームページの詳細をみて申込む

軽井沢タイムズからのお知らせ

軽井沢タイムズは、読進社の発行する新聞であり、広義の全国紙の一つ。主に貿易、輸出入とくに自動車・中古車輸出に関する記事に強い新聞。軽井沢タイムズが提供する貿易、経済、国際、企業はもちろん、ほかにも政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。略称は軽タイ、または軽井沢タイムズ。

軽井沢タイムズ編集部

軽井沢タイムズ 電子版の公式サイトです。
貿易、輸出入、自動車・中古車貿易に強い軽井沢タイムズが貿易ニュースや解説、コラムなど、お薦めのコンテンツを発信しています。
貿易、輸出入とくに自動車・中古車輸出につよい軽井沢タイムズが提供する貿易、経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
軽井沢タイムズ編集部

軽井沢タイムズTwitter

軽井沢タイムズ 電子版
@karuizawatimes