寄り付きの日経平均は続落、米中貿易摩擦の激化を警戒

Posted under ニュース速報 On

[東京 9日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比109円68銭安の2万1492円91銭となり、続落した。その後もマイナス圏で推移している。業種別では、建設、電気・ガス、水産・農林、パルプ・紙などが安い。米政府が8日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を25%に引き上げると官報で正式に発表し、米中貿易摩擦の激化に対する警戒感が広がっている。9─10日にワシントンで開かれる米中閣僚級通商協議の結果を見極めたいとする参加者も多く、買い戻しの動きも限定的。

Newsweek ニュース速報