Skip to content

北朝鮮、金委員長立ち会いで多連装ロケット砲を4日演習=KCNA

北朝鮮、金委員長立ち会いで多連装ロケット砲を4日演習=KCNA

[ソウル 5日 ロイター] – 北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は5日、北朝鮮が金正恩委員長立ち会いの下で4日、東海で多連装ロケット砲と戦術誘導兵器の「攻撃演習」を実施したと報じた。「大口径の長距離多連装ロケット砲と戦術誘導兵器」の能力を試すことが目的だったとしている。韓国の慶南大学極東問題研究所の金東葉教授は、KCNAが公開した写真から、戦術誘導兵器は短距離の地対地弾道ミサイルである可能性を指摘した。こうしたミサイル発射は国連決議違反とみられるものの、米国の脅威となる長距離弾道ミサイルではない。韓国国防省は、4日発射された飛しょう体の飛距離は70─240キロメートルとしている。KCNAによると、金委員長は北朝鮮の政治的主権と経済的独立性を守るため戦闘能力を増やす必要性を強調した。韓国政府は4日、北朝鮮に朝鮮半島の緊張を高める行動を止めるよう呼びかけた。またトランプ米大統領は、依然として金委員長との合意実現に自信をもっていると指摘。ツイッターに「金正恩氏は北朝鮮の素晴らしい経済的潜在性を完全に理解しており、それを妨げたり終わらせるようなことはしない。私が彼と共にいることも知っており、私に対する約束を破りたくはないはずだ」と投稿した。(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。) Newsweek ニュース速報

Number of comments: 0

Comments

コメントを残す

Widgets

  • 世界には、日本の人口をはるかに上回る数の人たちが暮らしています。そして、ジャパンメイドは、世界から信頼されています。いま注目の海外グローバルビジネスは、難しそうにみえて意外に簡単、しかも小資本・無在庫で始められます。

    選ぶ商材にもよりますが、海外グローバルビジネスは、わりと利益率いいです。世界の人口、この日本の人口をはるかに上回る世界人口を全て、あなたのお店の顧客に出来たなら、想像しただけでも遥かに巨大な売上増を実現できると思いませんか。

    その売上高といったら、いままで毎月末になる度に悩んでいたことがバカらしく見えてきてしまいそうな勢いです。海外グローバルビジネスは、輸出の流れ的なことが一通り頭の中に入れば、あとは実践で覚えていくのみです。

    海外グローバルビジネスを始めるための海外グローバルビジネスマニュアルはこちら

    今の段階では、まだ完璧に海外に輸出する方法をマスターしておく必要などありません。実践で実際に経験しながら覚えていくのが百倍完璧です。なんとなく簡単に初めは、マニュアルとにらめっこしながら輸出するのが良いでしょう。

  • 特集

    輸出の流れ的なことが頭の中に入っていれば、あとは実践で覚えていくのみです。初めはマニュアル通りに進めながら、2回、3回と輸出を繰り返していけば、マニュアルなど見なくても誰でもすぐ輸出できるようになれることでしょう。

    海外輸出販売を始めるには、まず今の時代は海外輸出販売向けホームページがマストで必要になります。なぜなら海外の顧客は、日本のあなたへの商品注文は、ホームページ上から最初の依頼をしてくることが多いからです。

    今やホームページさえ用意すれば、利益率の良い海外グローバルビジネスが小資本・無在庫で始められるのです。あなたも一度は世界に信頼されているジャパンメイドで、世界の市場で挑戦、夢をかけて活躍してみたいものですね。

    車売る女・ミンチー

    海外グローバルビジネスを始めるには、まずは海外輸出販売向けのホームページこそ必要です

  • ぞーさん便1







    最新話まで全話配信中

  • 読進社では、読進社書店を通じてプロアマを問わず本当に書きたいものを出版したい作家、読者が本当に読みたい作品を発表したい作家を常に募集しています。



  • 軽井沢タイムズとは

    軽井沢タイムズは、読進社の発行する電子新聞であり、広義の全国紙の一つ。主に軽井沢圏内に関する記事、暮らしに役立つ記事を掲載している新聞。軽井沢タイムズが提供するのは貿易、経済、国際、企業はもちろん、ほかにも政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。略称は軽タイ、または軽井沢タイムズ。


    本紙の購読案内

  • グローバル展開しよう

    海外からグローバルビジネスを受注するには、輸出の実践を始めるにはどうしたら良いのだろうか。この海外輸出販売向けホームページの訪問者(顧客)は、海外の顧客になります。海外の顧客が利用するのですから、ホームページは英語です。

    英語のホームページが武器になります。英語で制作するWEB制作会社は、なかなかありません。軽井沢タイムズの編集部、WEB制作部門スタッフは英語に堪能で、英語で海外輸出販売向けのホームページを制作、提供しています。

    海外輸出販売HPをはじめる

Scroll to top