低調なインフレ、「より長期間・低金利」で対応可能=NY連銀総裁

Posted under ニュース速報 On

[3日 ロイター] – 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、連邦準備理事会(FRB)は金利を「より長期間、より低い水準にとどめる」ことで、低調なインフレに対応することが可能との見解を示した。ウィリアムズ総裁は共著した研究論文で、低インフレ期を経た後、金利をより長期間、より低い水準にとどめることによってインフレ期待を押し上げる政策は、物価期待を適正な水準に維持し、ゼロ金利環境が経済に及ぼすマイナスの影響を低減することができると主張した。論文は3日に公表され、FRBがインフレ目標2%への押し上げに向けた政策の見直しに参照する。政策の見直しには、数カ月かかる見通し。ウィリアムズ総裁はまた、インフレのオーバーシュートをしばらく許容すれば、インフレ期待は上向き、経済への悪影響は緩和されるとも論じた。

Newsweek ニュース速報