ロシアで旅客機が緊急着陸時に炎上、41人死亡



[モスクワ 5日 ロイター] – ロシアのアエロフロート航空機が5日、モスクワのシェレメチェボ空港に緊急着陸した際に炎上し、乗客乗員78人のうち41人が死亡した。ロシアの捜査当局が明らかにした。テレビの映像では、アエロフロートが運航する「スホイ・スーパージェット100」の機体後部が、着陸直後に炎上する様子が捉えられている。一部の乗客はその後、緊急脱出スライドを使って避難した。ロシア航空当局によると、同機には乗客73人、乗員5人が乗っていた。捜査当局の報道官は搭乗者78人のうち生存者は37人と明らかにした。航空機はモスクワから北部ムルマンスクへ出発したが、フライト追跡サイト「フライトレーダー24」によると、離陸後30分足らずで緊急着陸した。原因は公式に明らかにされていない。当局は捜査を開始し、パイロットが安全規定に違反したかどうか調べているとした。一部の乗客は、離陸後に機体が落雷を受けたと話した。インタファクス通信は関係筋の話として、着陸の衝撃で機体の破片がエンジン内に入って発火し、機体後部が炎上したと伝えた。捜査当局はさまざまな可能性を調べているとした。

Newsweek ニュース速報



[モスクワ 5日 ロイター] – ロシアのアエロフロート航空機が5日、モスクワのシェレメチェボ空港に緊急着陸した際に炎上し、乗客乗員78人のうち41人が死亡した。ロシアの捜査当局が明らかにした。テレビの映像では、アエロフロートが運航する「スホイ・スーパージェット100」の機体後部が、着陸直後に炎上する様子が捉えられている。一部の乗客はその後、緊急脱出スライドを使って避難した。ロシア航空当局によると、同機には乗客73人、乗員5人が乗っていた。捜査当局の報道官は搭乗者78人のうち生存者は37人と明らかにした。航空機はモスクワから北部ムルマンスクへ出発したが、フライト追跡サイト「フライトレーダー24」によると、離陸後30分足らずで緊急着陸した。原因は公式に明らかにされていない。当局は捜査を開始し、パイロットが安全規定に違反したかどうか調べているとした。一部の乗客は、離陸後に機体が落雷を受けたと話した。インタファクス通信は関係筋の話として、着陸の衝撃で機体の破片がエンジン内に入って発火し、機体後部が炎上したと伝えた。捜査当局はさまざまな可能性を調べているとした。

Newsweek ニュース速報





国内だけでない、海外への輸出販売もはじめて 自社の顧客取引エリアを拡大させ、売上げ収益UPを計ろう!

世界には、日本の人口をはるかに上回る数の人たちが暮らしています。さらに、ジャパンメイドは、世界から信頼されています。

この日本の人口をはるかに上回る世界人口を全て、あなたのお店の顧客に出来たのならば、想像しただけでも遥かに巨大な売上増を実現できると思いませんか。

>> 今すぐ「海外輸出販売講座」を読んでみる



コメントを残す