いま起きている最新のニュースをお届け

ミスタールビン(前編)

ルビン先生は公立学校の日本語教師だ。

アメリカ人なのに、日本語がとても上手だ。

この公立学校は日本人生徒数がとても多い。

日本から来たばかりの生徒は英語が話せない

だからミスタールビンの授業がある。

彼らに、日本語で英語を教える授業だ。

「良明君をミスタールビンに連れていって」

ゆみは、担任に言われて、良明君をルビン先

生のところに案内した。

良明君は英語の授業、ゆみは工作の授業だ。

返信をつぶやく

返信をつぶやくには、ログインしてください。Novellerアカウントの作成はこちら

読進社書店 新刊コーナー

Copyright © 2012-2023 軽井沢タイムズ All Rights Reserved.

Produced by 読進社 | 利用規約 | プライバシーポリシー.