いま起きている最新のニュースをお届け

ブータ先生との出会い

ブータ先生と出会ったのは、百合子の家だ。

ブータ先生は、ブタのぬいぐるみだった。

ブタのぬいぐるみには興味なかった。

「僕は、ゆみのドラえもんだから」

ブータ先生に、そう話しかけられた。

私が、ブータ先生と話している姿は、

他の人には、ぬいぐるみと話す少女だった。

「ゆみちゃん、ぬいぐるみ気に入った?」

百合子に、そう誤解された。

百合子は、私にブタのぬいぐるみをくれた。

返信をつぶやく

返信をつぶやくには、ログインしてください。Novellerアカウントの作成はこちら

読進社書店 新刊コーナー

Copyright © 2012-2022 軽井沢タイムズ All Rights Reserved.

Produced by 読進社 | 利用規約 | プライバシーポリシー.