いま起きている最新のニュースをお届け

ニューヨークピュアラブストーリー

中山ゆり子先生はマンハッタンに住んでる。

先生の家の近くには大きな犬が三匹いる。

ゆみは、動物が大好きだ。なのに、

初めて会ったとき思わず泣いてしまった。

あまりにも大きな犬が三匹も来たからだ。

良明君は男の子だからか全然平気だった。

大きな牛の骨をあげていた。

「あたしも、あげたい」

良明君がお母さん犬に骨をあげた。

あたしは子供たち二匹に骨をあげた。

返信をつぶやく

返信をつぶやくには、ログインしてください。Novellerアカウントの作成はこちら

読進社書店 新刊コーナー

Copyright © 2012-2022 軽井沢タイムズ All Rights Reserved.

Produced by 読進社 | 利用規約 | プライバシーポリシー.