Skip to content

ドル下落、雇用増より賃金伸び悩みに注目=NY市場

ドル下落、雇用増より賃金伸び悩みに注目=NY市場

[ニューヨーク 3日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、4月の米雇用統計で雇用者数は予想を上回って増加したものの、賃金の伸び悩みが確認されたことでドルが主要通貨に対して下落した。労働省が朝方発表した4月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が26万3000人増と予想の18万5000人を上回って増加したほか、失業率は3.6%と、1969年12月以来約49年ぶりの水準に改善した。一方、時間当たり賃金は前月比0.2%増、前年比3.2%増と伸びが抑制されたほか、平均週間労働時間は前月の34.5時間から34.4時間に縮小した。アナリストは時間当たり賃金の伸びが前月比0.2%にとどまったこと、また労働参加率が低下したことで一部ドル売りが見られたと指摘。クレディ・アグリコル(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エリック・ビロリア氏は「こうした軟調な結果は、すでに膨れ上がっているドル買い待ちを一段と積み上げる理由にはならなかった」と述べた。米供給管理協会(ISM)の4月の非製造業総合指数(NMI)が前月比0.6 ポイント低下の55.5と17年8月以来の低水準を付けたことも、ドルの売り圧力となった。終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は0.32%安の97.521。週初からの下落率は約0.5%となる。ユーロ/ドルは一時1.1135ドルと、1週間ぶりの安値を付けたものの、その後は上向き、0.21%高の1.11955ドル。ドル/円は0.38%安の111.09円。週間ではユーロは対ドルで0.4%上昇、ドルは対円で0.4%下落した。この日は連邦準備理事会(FRB)当局者の発言が相次ぎ、シカゴ地区連銀のエバンズ総裁とセントルイス地区連銀のブラード総裁がFRBが年末までに利下げに動く可能性を示唆。エバンズ総裁は米経済が軟調になればFRBは利下げを実施する必要があるとの考えを示したほか、ブラード総裁は第2・四半期以降もインフレが低調に推移すれば、FRBはインフレ押し上げと信認回復に向け利下げに踏み切る必要が出てくる可能性があるとの認識を示した。CMEフェドウオッチによると、金利先物市場では12月に利下げが決定される確率が約47%であることが織り込まれている。前日は50%だった。来週はオーストラリア準備銀行(中央銀行)が7日に、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)が8日に政策決定会合を開く。アナリストはインフレが低迷する中、ともに利下げを決定する可能性があるとの見方を示している。ドル/円 NY終値 111.09/111.12始値 111.47高値 111.68安値 111.07ユーロ/ドル NY終値 1.1200/1.1204始値 1.1152高値 1.1206安値 1.1136(表はリフィニティブデータに基づいています) Newsweek ニュース速報

Number of comments: 0

Comments

コメントを残す

Widgets

  • 世界には、日本の人口をはるかに上回る数の人たちが暮らしています。そして、ジャパンメイドは、世界から信頼されています。いま注目の海外グローバルビジネスは、難しそうにみえて意外に簡単、しかも小資本・無在庫で始められます。

    選ぶ商材にもよりますが、海外グローバルビジネスは、わりと利益率いいです。世界の人口、この日本の人口をはるかに上回る世界人口を全て、あなたのお店の顧客に出来たなら、想像しただけでも遥かに巨大な売上増を実現できると思いませんか。

    その売上高といったら、いままで毎月末になる度に悩んでいたことがバカらしく見えてきてしまいそうな勢いです。海外グローバルビジネスは、輸出の流れ的なことが一通り頭の中に入れば、あとは実践で覚えていくのみです。

    海外グローバルビジネスを始めるための海外グローバルビジネスマニュアルはこちら

    今の段階では、まだ完璧に海外に輸出する方法をマスターしておく必要などありません。実践で実際に経験しながら覚えていくのが百倍完璧です。なんとなく簡単に初めは、マニュアルとにらめっこしながら輸出するのが良いでしょう。

  • 特集

    輸出の流れ的なことが頭の中に入っていれば、あとは実践で覚えていくのみです。初めはマニュアル通りに進めながら、2回、3回と輸出を繰り返していけば、マニュアルなど見なくても誰でもすぐ輸出できるようになれることでしょう。

    海外輸出販売を始めるには、まず今の時代は海外輸出販売向けホームページがマストで必要になります。なぜなら海外の顧客は、日本のあなたへの商品注文は、ホームページ上から最初の依頼をしてくることが多いからです。

    今やホームページさえ用意すれば、利益率の良い海外グローバルビジネスが小資本・無在庫で始められるのです。あなたも一度は世界に信頼されているジャパンメイドで、世界の市場で挑戦、夢をかけて活躍してみたいものですね。

    車売る女・ミンチー

    海外グローバルビジネスを始めるには、まずは海外輸出販売向けのホームページこそ必要です

  • ぞーさん便1







    最新話まで全話配信中

  • 読進社では、読進社書店を通じてプロアマを問わず本当に書きたいものを出版したい作家、読者が本当に読みたい作品を発表したい作家を常に募集しています。



  • 軽井沢タイムズとは

    軽井沢タイムズは、読進社の発行する電子新聞であり、広義の全国紙の一つ。主に軽井沢圏内に関する記事、暮らしに役立つ記事を掲載している新聞。軽井沢タイムズが提供するのは貿易、経済、国際、企業はもちろん、ほかにも政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。略称は軽タイ、または軽井沢タイムズ。


    本紙の購読案内

  • グローバル展開しよう

    海外からグローバルビジネスを受注するには、輸出の実践を始めるにはどうしたら良いのだろうか。この海外輸出販売向けホームページの訪問者(顧客)は、海外の顧客になります。海外の顧客が利用するのですから、ホームページは英語です。

    英語のホームページが武器になります。英語で制作するWEB制作会社は、なかなかありません。軽井沢タイムズの編集部、WEB制作部門スタッフは英語に堪能で、英語で海外輸出販売向けのホームページを制作、提供しています。

    海外輸出販売HPをはじめる

Scroll to top